>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

オリックス・バファローズ  李 大浩  イ・デホ  이대호

さぁ、次の新外国人はオリックス・バファローズからイ・デホ選手です。韓国では三冠王を二度獲得した実績を引っ提げて2年総額7億円の高額契約を手に入れオリックスに入団。

正直韓国人選手は投手での成功例はたくさんあれど、野手ではこれと言った成功例はありません。

単年での成功例はちらほらあれど長期間にわたって活躍した選手と言えば皆無と言っていいと思います。

そのような現実の中でこの高額の契約…韓国の野球ファンからしたら「イ・デホが無理なら無理」だと思っていることでしょうし、契約をしたオリックス側からすれば、今まで日本にきた選手の中でも物が違うという判断でしょう。

そのような国民規模の大きなプレッシャーのかかった中での今季のプロ野球。イ・デホ選手がどういった適応を見せてくれるのでしょうか。


ideho6.jpg

>> 続きを読む

スポンサーサイト

| オリックス・バファローズ | 15時01分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

東北楽天ゴールデンイーグルス  Luis Enrique Terrero  ルイス・テレーロ

こんにちは。さて今回位から少し趣向を変えて、新外国人選手でも紹介しようと思います。まだ、紹介しきれていない選手もいるのですが、少し気分転換と言う感じも入れ暫くは新外国人選手を扱おうかと。。

ただ、まだ日本での実績は全くない選手たち…それを既に多少なり実績のある選手と同列に扱うのもあれなので扱う労力はいつもの半分位にして行きたいと思います。

そのかわり今までの週一更新から少しペースを速め週二更新で。また、もしシーズンに入って活躍した場合は加筆訂正っていう形をとりたいと思います。

さて、まず最初は楽天のテレーロ選手。昨年はメキシカンリーグで大活躍だったようですがどんな選手なのでしょうか?

terrero r

>> 続きを読む

| 東北楽天ゴールデンイーグルス | 17時02分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

北海道日本ハムファイターズ  ブライアン・ウルフ  Brian Thomas Wolfe

すいません、最近忙しかったので久々の更新になります。。

いやー、にしてもダルビッシュ選手ついに決まりましたね。彼はIchiro, Matsuiに次ぐ久々のNPBを圧倒し続けた選手ですからね。個人的に歳も近いしなにかしらやってくれるんじゃないかと非常に期待してます。今季のMLBも楽しみです。

まぁ、ということでって言うのもなんなんですが…今回は日本ハムファイターズから紹介したいと思います。

今日紹介するのはブライアン・ウルフ選手。

日本2年目の昨季は昨々季の中継ぎからの転向を継続しての先発起用。シーズン通しての先発経験は今年が初めてにも関わらず26試合に先発し12勝11敗の成績。後半力尽きたところもあり防御率は3.60と平凡な感じで終わってしまったところもありますが、まずまずの成績でした。

本格転向2年目となる今シーズンはさらに良い投球を見せてくれることでしょう。

さて、ウルフ選手。正直あまり彼のことは良く知らないのですが、交流戦の時などなんだかんだ言って手ごわい投手という印象が強かったです。

あと、どこかで性格に少し難があるっていうことも聞いたことが…それで、今季の契約が少しこじれかけたって言うのもどこかで読んだ記憶も。

ま、まぁかと言って別に暴力事件とか起こしてるわけでもないし…あー、でも怖い人なの?

と、いうことで調べてみました~


wolfe n

>> 続きを読む

| 北海道日本ハムファイターズ | 23時57分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

助っ人の出身地~アメリカ合衆国~

アメリカ出身の助っ人外国人のストックも大分たまってきたので、どこで生まれどういう風に育ったのか少し分かりやすく州ごとにまとめてみようと思います。

map.jpg

>> 続きを読む

| 未分類 | 20時01分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

阪神タイガース  クレイグ・ブラゼル  Craig Walter Brazell

こんにちは。年も明けクビなる選手。新しく加入する選手。移籍する選手など活発な動きも大分落ち着き各球団今シーズンに向けた戦力構想が整ってきました。

ということで、これから記事にする選手の取り扱いが大分楽になってきた今日この頃、今回は阪神タイガースのクレイグ・ブラゼル選手を紹介したいと思います。

ブラゼル選手といえばM砲ことマートン選手の兄貴分。B砲。

大柄な体格からホームランを量産。あの豪快なアーチはそれだけで魅力たっぷりです。

西武時代はあまり良い成績を残していなかったものの阪神に移籍して打撃向上。

流し打ちを身につけ、持ち前の長打力のみでなく確実性を取得。その柔軟性というか適応能力は素直に凄いと思いました。

昨シーズンは統一球の影響もあり打率こそ.282と健闘したものの本塁打、打点は16本で69打点。少し物足りない成績に終わりました。やはり正直迫力は前年度に比べて大分落ちた印象は否めなかった気がします。

しかし、「外野でもやるから!」と阪神残留に熱烈アピール。それも実って来季の契約を獲得した牛丼大好きB砲。来季は捲土重来、一昨年の47本塁打に近い成績も期待されます。

ということで、以下ブラゼル選手の過去です。


brazell9.jpg

>> 続きを読む

| 阪神タイガース | 14時40分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。